接合設計学領域
学部4年Sさんの
学びの1日

9:00

論文レビューの作成

この日は学校に到着してから、まず論文を読みました。
卒業研究に向け、論文を読んで、用語、実験・解析方法、研究の進め方等を学びます。

論文レビューの作成。
しっかり読んで、頭の
中に叩き込みます。
でも。。
英語で書いてて…。
12:00

お昼ごはん

別の研究室の友人とお昼を食べました。
研究の進捗について話すことも。
リフレッシュに。

14:00

ミーティング

この日は読んだ論文のレビューを発表。内容の確認と、足りない知識を先生や先輩に補ってもらいます。他の人の発表は勉強になります。

15:30

プチ勉強会

研究に関する質問を先輩にしたところ、この日はちょっとした講義になりました。

プチ勉強会 プチ勉強会。プチと言っても、中身はとっても濃いです。
プチ勉強会。プチと言っても、中身はとっても濃いです。
16:00

実験の手伝い

先輩の実験の手伝い。
実験器具の使い方や仕組みなどについて先輩たちが優しく教えて下さいました。

実験の手伝い 実験の手伝い。
先輩たちも私も、真剣そのものです。
実験の手伝い。
先輩たちも私も、
真剣そのものです。

視点が変わることの楽しさ。

入学以前は、社会基盤(インフラ)というと、当たり前にそこに存在するもので、とりたてて興味のあるものではありませんでした。しかし、様々なことを学ぶにつれて、街や構造物を見る視点が変わり、今まで見えなかった社会の一面が垣間見えたりして、今となっては非常に面白いと感じるようになりました。
これから本格的に卒業研究ですが、先生や先輩たちの手を借りつつも、好奇心を大切にして積極的に取り組んでいきたいと思います。

論文レビューの作成。
しっかり読んで、頭の中に
叩き込みます。
でも。。
英語で書いてて・・・。

将来は、こうなりたい!!— 学びに対する想い —

自分で舵をとる。

研究に興味があり大学に来て
いるので、今のところゆくゆく
は研究という形で社会に貢献
したいと考えています。
まだまだ女性が少ない分野なのかな、とも思いますが、素敵なロールモデル・先輩方がたくさん
いますし、自分で舵を取ることができれば、色んな針路を取ることができると思います。自分なりにしっかり考えて道を選んでいきたいと思います。